広島食道 Hiroshima Oyster

North _ 34°23′47″
East _ 132°27′34″

    広島食道 - 広島魅力向上を食で発信するプロジェクト - > 記事 > 牡蠣とホタテの親密な関係

牡蠣とホタテの親密な関係

広島牡蠣道

[投稿日]2021年03月16日 / [最終更新日]2021/03/19

牡蠣の成長を陰ながら支えているホタテ。

毎年夏に孵化した牡蠣の赤ちゃんは,2週間ほど海中を漂い,海中の岩などに付着するのですが,その岩の代わりに赤ちゃんをキャッチしてくれるのがホタテの殻。ここに付着した牡蠣の幼生を丁寧に育てていきます。

ある程度育った段階で,干潟に移し,潮の満ち引きで海水に浸かる時間を減らしていきながら,牡蠣に抵抗力をつけていきます。そして次は牡蠣のついたホタテの殻を1つ1つ新しい針金に移して「垂下連」を作っていきます。

1つの垂下連に平均40枚のホタテの殻,1つの筏(いかだ)におよそ700本の垂下連が吊るされるため,これだけで約28,000枚のホタテの殻が使われています。

垂下連が吊るされてから約1年間,牡蠣は海の中で成長し,収穫を経て私たちの食卓へと届きます。牡蠣とホタテの親密な関係。海外の人気が高く,売上高も圧倒的なホタテとともに,ひろしま牡蠣も世界の人に愛される食べ物になってほしいです。

RECOMMEND

TOPへ戻る